どうしても記事作成の方に時間がかかってしまい、見出しタグの設定を忘れがちです。せっかく書いた記事も読者に読まれないと悲しくなりますよね。

見出しタグをしっかりと設定することで、Googleのクローラーが見やすくSEOに好かれる記事となります。

やはり検索結果の上位表示をするにはGoogleにどのようにサイトが見られているかが重要です。

見出しタグとは

hから始まる<h1>、<h2>、<h3>などHTMLで書かれたコードです。見出しタグは1〜6まで6個存在しています。

見出しタグの種類
  • <h1>テキスト</h1>
  • <h2>テキスト</h2>
  • <h3>テキスト</h3>
  • <h4>テキスト</h4>
  • <h5>テキスト</h5>
  • <h6>テキスト</h6>

<h1>がSEOで重要度が一番高く、数字が大きくなるほど重要度が薄れていきます。

h1タグが記事の親になるわけです。

見出しタグを使うことによって文章の構成がスッキリとしてユーザーが読みやすい文章を作成することが可能になり、ユーザービリティーを高める目次の作成WordPressプラグインTable of Contents Plusなどを使用している時にもhタグの設定が目次に反映されます。

 

h1タグ以外は使用回数が決められてはいません。必要であれば1記事に複数回h1タグを使用することも可能が、h1の前にh2やh3タグを使わないようにしましょう。

見出しタグ 例

SEOに効果的な見出しタグの設定

hタグの順番

hタグは1〜6まで6個ありますが、数字の順番を守ることが重要です。

h1タグが親になるのでh1タグの前にh2タグやh3タグを使わない。見出しの見た目が合わないからといってhタグの順番を抜かしたりするとSEO的にはあまりよくありません。

WordPressを使ってるサイト運営者は既にh1タグがタイトルとして使われているのでh2タグから設定していきましょう。

SEOによくないhタグの設定

設定した見出しタグがh3 → h2 → h3 → h4と順番が抜けたり、数字のh1タグやh2タグの前にh3タグを使わないようにしましょう。

SEOに効果的なhタグの設定

ちゃんと順番通りに設定されていますね。

見出しタグの注意点

 

文字を強調するstrongタグ

strongタグはhタグのような見出しタグには使用してはいけません。hタグは見出しです。それをさらに強調することは過度な対策はスパムと判定されてしまいます。

見出しをカスタマイズしてサイトのユーザービリティーをあげましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事