「hreflangタグにエラーがありました。」とGoogle Search Consoleでエラーメッセージが届きドキっ!?インターナションル ターゲティングの項目でサイトにhreflangタグがありません。と表示されています。

インターナショナルターゲティング設定ページ

心配しなくても大丈夫です。ペナルティーではないです。

Googleがhreflangの設定ミスを通知する警告メッセージを一斉送信していたみたいです。

Googleは、hreflangの構成に間違いがあるサイトに対して一斉に警告メッセージを送っています。
hreflang(rel=”alternate” hreflang=”x” 属性)は、複数の言語や地域を対象にしてコンテンツを公開しているサイトが用いる、言語アノテーションの設定です。
今までにはなかった新しいタイプの警告になります。

引用:海外SEO情報ブログ

hreflang?

なにそれ?

Googleでは、ユーザーの言語設定を適切な言語版ページに一致させるためにhreflangタグを使用しています。

言語や地域のURLにhreflangを使用する

複数の言語でコンテンツを提供するウェブサイトや地域別にコンテンツを提供するウェブサイトの場合、Google では rel="alternate" hreflang="x" 属性を使用して、適した言語や地域の URL を検索結果で返しています。

  • ナビゲーションやフッターなど、テンプレートのみを翻訳し、コンテンツの大部分は 1 つの言語を使用する場合。フォーラムなど、ユーザー生成コンテンツを掲載するページでは、これが一般的です。
  • コンテンツが 1 つの言語で書かれていて、コンテンツの大部分はほとんど同じであるが、地域ごとにわずかに変化がある場合。たとえば、アメリカ、イギリス、アイルランドのユーザーをターゲットにした英語のコンテンツです。
  • サイトのコンテンツをすべて翻訳する場合。たとえば、各ページについてドイツ語バージョンと英語バージョンの両方があるような場合です。

要するに運営してるサイトが多言語化してる場合に必要ってことになります。

実はこんな表示がされても心配することはありません。多言語化していなければ特に何もしなくていいんです。

ほっとしましたね。

Google Search Consoleでエラーメッセージを受け取るとドキッとします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事