最近のGoogle AdSense(アドセンス)のレポートを見るとあまり聞きなれない項目が表示されています。

Google AdSense(アドセンス)のレポート項目

ページRPM?

何これ?

RPMとはRevenue Per Milleの略語です。新しいAdSense(アドセンス)の管理画面からRPMの表示が使われました。

eCPMはeffective Cost Per Milleの略語で簡単に説明すると掲載している広告の表示1,000回あたりにどれくらいの売上になるのか?を指標にしています。

ん?

eCPMと同じ?

そうなんです。eCPMもRPMも同じ広告の表示1,000 回あたりの売上の指標です。

通常、ネット系広告代理店やウェブ系メディアに携わってる人はeCPMと呼ぶ方が多いですし、AdSense(アドセンス)も管理画面が変わる前まではeCPMと表示をしていました。

今後はAdSense(アドセンス)では、ページRPMって使っていくらしいですね。

eCPMとRPMの意味について

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事