メタップスから個人の時間を売買できるサービス「Timebank(タイムバンク)」がリリースされた。最近、リリースされてから話題になっているVALUと非常に個人を対象とした価値観を生み出すサービスです。

Timebank(タイムバンク)とは

メタップスの社長、佐藤航陽氏がオススメしてるTimebank(タイムバンク)の説明動画を見ればすぐサービスの内容がわかると思います。

佐藤航陽氏がオススメしてる動画はこちら!

堀江貴文氏もコメントしてますが、VALUに続きTimebank(タイムバンク)もソーシャルメディアから始まった個人の市場価値が可視化され始めましたね。

Timebank(タイムバンク)使い方

ソーシャルメディアのFacebook、Twitter、YouTube、(Instagram現在、準備中となります。)のアカウントと連携をしてオンライン上でのあなたの影響力を計測します。

トップページから時間発行を申請するボタンを押してソーシャルアカウントと連携する。

オンライン上の影響を診断

Timebank(タイムバンク)が決めた規定の偏差値57以上に達してない場合は申し込みができません。

影響力診断結果

規定の偏差値に届かない場合でも申請をしていないソーシャルアカウントを連携することによって偏差値を追加することができます。

ちなみに日本でも有名なハウツーサイトのnanapiの社長けんすう氏の偏差値は72

それでも規定の偏差値に届かない場合はソーシャルメディアの活動を頑張るしかなさそうです。

注意:ソーシャルへの投稿を非表示にしてると計測ができない為、各ソーシャルメディアの投稿を確認してください。

Timebank(タイムバンク)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事