サイト運営してる人のほとんどの人が使っているサイト収益に欠かせないGoogle AdSense(アドセンス)。

多くの広告主がGoogleを使ってので収益も安定しています。

カスタム チャネルを設定する事によってGoogle AdSense(アドセンス)の収益増が期待できます。

Google AdSense(アドセンス)の収益が増える仕組みは簡単。カスタムチャネルを設定する事によって広告主に運営してるサイトを知ってもらう事が出来るからです。

広告主がこのサイトは相性が良さそうだからもっと広告掲載しようとすると自然と他に流れている広告費はアピールしたサイトによってきて広告収益は増えます。

カスタム チャネルで運営サイトをアピールする事はGoogle AdSense(アドセンス)を使うのに必要な機能なんです。

Google AdSense(アドセンス)のカスタム チャネルの設定方法を整理していきます。

Google AdSense(アドセンス)カスタムチャネル設定方法

Google AdSense(アドセンス)管理画面左にあるメニューから広告の設定からカスタム チャネルをクリックします。

新しいカスタム チャネルをクリックしてカスタム チャンネルを追加していきます。

名前

カスタム チャネルが増えた時にすぐにわかるような名前を入力しましょう。(10文字以下しか入力出来ないのでサイト名でいいかと思います。)

広告ユニット

作成した広告ユニットがリスト化されているのでカスタム チャネルを作成する広告ユニットを選んで追加ボタンをクリックします。(広告ユニットが多い場合はリストの下にある広告ユニットの検索から絞り込めます。)

ターゲット設定

ターゲット設定にチェックをしないと広告主に内容が公開されません。チェックボックスにチェックして追加の情報を記入します。

広告主に公開される情報の設定

広告主に表示される名前の設定になります。見え方はサイト名広告の掲載先広告の掲載位置が広告プレースメント名と表示されるので広告主がすぐわかる名前をつける事が重要になります。

広告の掲載先

広告を掲載するジャンルやカテゴリーなどを入力します。広告の掲載先ではなくサイトのジャンルカテゴリーを入力する事で広告主がわかりやすくなります。

例)ビジネス記事、旅行記事など

広告の掲載位置

広告を掲載している位置をプルダウンから選択します。

説明

サイトの内容やバナーのサイズなどを入力しましょう。わかりやすい説明は広告主に親切です。

サイトの言語

デフォルトは日本語になっていますが、多言語サイトを運営している場合は対象の言語に変更します。

注意

広告に表示される名前を変更するとせっかく広告主から設定された広告単価がリセットされてしまいます。

入力した内容を確認してから保存ボタンをクリックしましょう。

まとめ

ほんのちょっとした設定でGoogle AdSense(アドセンス)の収益を上げる事が出来るかもしれません。設定も簡単ですぐに終わるので設定しておきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事