ブロックチェーン

データ管理業者が一つのサーバで一括管理していたデータを皆でデータを監視しあう分散型のシステム。分散されたデータを管理することで一つのサーバーに問題が起きても分散されたデータのおかげで問題を解消することができます。まとめるとブロックチェーンは記録されたデータを分散して管理することです。

アルトコイン

アルトコインとはAlternative Coin。英語でAlternativeとは「代わりの」意味になり、英語の意味の通りビットコイン以外の仮想通貨の事を指します。

草コイン

仮想通貨が世間に広まってから耳にするようになった「草コイン」。英語圏ではShitcoin(直訳で糞コイン)とも呼ばれています。英語から連想出来るように仮想通貨の用途や技術が低く、ポテンシャルを感じられない仮想通貨。

諸説ありますがいつの間にか「草コイン」と呼ばれるようになっていました。

草コインの中にはポテンシャルが高いのに単純に知名度が低いお宝コインも存在しています。1円以下でコインが購入が出来るので、コインを大量に購入した後にコインが高騰すれば高値で売り抜くことが出来ます。

AirDrop(エアドロップ)

iOSの機能の名前と同じですが、全く別物です。エアドロップとは発行した仮想通貨によりたくさんの人に興味を持ってもらうために無料で発行した仮想通貨を配布することです。

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)

ICOとはイニシャル・コイン・オファリングの略です。イニシャル・コイン・オファリング?聞きなれない言葉ですが、簡単に説明すると仮想通貨を活用した資金調達になります。最近では資金調達の速さからスタートアップが資金調達の手段として多く活用されています。

ハードフォーク

仮想通貨はブロックチェーンの技術によって成り立っていますが、ハードフォークを行うことで今までの新しい仮装通過のルールが生まれて旧仮装通過のルールを引き継ぎながら新しい仮想通貨が生まれることです。

これで仮想通貨のニュースや内容がわかりやすくなりますね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事