サイト運営をしてるやっぱり気になってくるのはサイトへのアクセス数。

だって全然増えないんだもん。

RankGuru SEOとか買い切りで安いからいいって人もいるんですけど、使ってみるとかゆいところに手が届かない検索順位チェックサービスなんですよね。

満足度は低いわけです。

なかなかMac対応の検索順位チェックツールがなくて、探していると遂にイケてる検索順位チェックツールSERPOSCOPEに出会うことができました。

SERPOSCOPEとは

SERPOSCOPEはGoogleでの検索結果順位の確認ができる無料のオープンソースツール。

Windows、Mac、Linuxで利用することができます。

本当にMacに対応しているのは嬉しいですね。

しかも登録キーワード数に制限もない!

いいところしかないように聞こえますが、英語とフランス語しかないのでちょっとしたエラーなどの日本語での解決方法の情報が、少ないのがデメリットでもあります。

あとはやはり無料のサービスなのでいつサービスが終了するのか?が不安なところです。

SERPOSCOPEトップページ

SERPOSCOPEをインストール

SERPOSCOPEをMacで利用するにはJavaを使用するのでダウンロードする。

SERPOSCOPEをダウンロード

ページのトップにあるDownloadボタンをクリックするとサイト中断のダウンロードページへ移動します。

SERPOSCOPEダウンロードページ

Windowsなど各OS別のダウンロードボタンが並んでいます。

Macユーザーなのでjarをクリックしてファイルをダウンロードします。

ダウンロードが終わるとserposcope-2.7.1.jarのファイルがダウンロードされています。

ファイルが開けない場合はこちらのブログを参考にしてください。

https://bamka.info/mac-app-security

ファイルを開こうとするとJDKのインストールが必要です。と表示されるので詳しい情報...をクリックする。

OracleのサイトへリンクするのでJDKのインストールを進めていきます。

Oracle Java SE Downloadsページ

jdk-9.0.1_osx-x64_bin.dmg

のファイルを開きます。

Accept License Agreementにチェックボックス

URLにhttps://127.0.0.1:7134/を入力するとSERPOSCOPEの登録画面が表示されます。

メールアドレスとパスワードをしてSERPOSCOPEのアカウントを作成します。

SERPOSCOPE登録ページ

入力フォームに記入を済ませたらCreateボタンをクリック。

ボタンをクリックするとAdmin account createdと表示されたら無事に登録完了です。リメールとかはないのでそのまま登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインできます。

SERPOSCOPEの設定

SERPOSCOPEに登録が終わって、ログインできたら最初にSETTINGメニューのGENERALから設定を行っていきます。

ADMINページ

GENERAL

SERPOSCOPEにログインできたら、まずはGENERALから設定をしていきます。

GENERAL

GENERAL設定

Cron time (Server time = XX:XX)

自動で検索結果順位を取得してくれる時間設定です。デフォルトの設定では空欄になっていてSERPOSCOPEは起動しません。

自動で検索結果を取得してくれるのでPCを起動している時間帯を設定するのがいいと思います。

例えば9時に設定する場合は09:00と入力する。

History limit (in number of days)

検索順位を保存してくれる期間の設定です。

デフォルトの設定では365になっていて1年間検索順位を保存してくれます。数字を0に変更すると無期限で検索結果を保存してくれますが、フリーの容量が138 GBなのでデフォルトの365日の設定でいいと思います。

DISPLAY

ここではレポートのグラグの表示などが設定できます。

 

DISPLAY設定

Search default display mode

SERPOSCOPEにログインした時のトップページに表示されるグラフを選べます。

Summaryを選ぶとこんな感じで表示されます。

Sammary

Tableを選ぶとこんな感じです。

Table

Website default display mode

Websiteページから登録したサイトをクリックした時に表示されるグラグ設定です。

登録したサイト一覧からグラフも選択できるので特に設定する必要はないかもです。

Search default display mode

Searchesをクリックした時に表示されるグラフ設定です。

CAPTCHA

CAPTCHA設定

Google

DEFAULT SEARCH OPTIONS

DEFAULT SEARCH OPTIONS設定

TLD

検索結果を取得するGoogleのトップレベルドメインの設定です。

デフォルトではcomになってるので日本語サイトを運営してるならco.jpに変更。

日本以外の国のサイトやブログを運営してる人は対象国のトップレベルドメインに変更。例えばアメリカだとデフォルトの設定のままのcom。お隣の国、韓国であればco.krとかになります。

Datacenter

特定のIPアドレスからの検索結果を排除する設定です。

特に変更する必要はないです。

Device

検索結果を取得するデフォルトのデバイスを設定します。

SERPOSCOPEはPCもモバイル両方のデバイスの検索結果を取得できるので、どちらでも構わないと思います。

Local

検索がどの国から行われたかパラメーターをつけることができます。

 

Custom parameters

サイト・キーワードの登録

GROUPS

グループを作成して検索順位結果を調べたいサイトやキーワードを登録するページです。

Groups

サイトを登録するにはグループを登録する必要があります。ヘッダーにあるメニューからGROUPSをクリックするとGroupsページが表示されます。

New groupをクリックしてグループを登録します。

日本語でも登録が可能です。

グループを登録

最大6個のグループが作成可能です。

登録されたグループリスト

Websites

グループの登録が終わったら今度はサイトを登録します。グループリストからグループを選んで名前をクリックしてWebsitesページに移動します。

サイトを登録

Add websiteをクリックしてサイト名とURLを登録します。

サイト名とURLを登録

登録をしてSaveをクリックすればサイトの登録は完了です。

Invalid patternと表示されてしまって登録ができなかったですが、RegExにチェックを変更すると無事に登録できました。

Invalid patternと表示されてしまったら違ういくつかチェックボックスを試してみてください。

Searches

このページで調べたいキーワードの登録やトップレベルドメインの設定を行います。

ターゲットキーワードの登録

Keyword

Keywordに検索順位結果を調べたいキーワードを登録します。

複合ワードにも対応していますし、登録するキーワード数に制限はありません。

入力フォームの一番下にあるBulk importを使うと複数のキーワードを一括で入力できます。

Datacenter

特定のIPアドレスからの検索結果を排除する設定です。

特に変更する必要はないです。

TLD

DEFAULT SEARCH OPTIONSで設定したGoogleのトップレベルドメインが表示されています。

変更したい場合はここで個別の変更も可能です。

Device

最近のGoogleはPCとモバイルの検索結果が違うので検索順位をチェックしたいデバイスを設定します。

設定前にGoogleアナリティクスでデバイス別のSEOアクセス数を調べてからデバイスを決定するのもいいと思います。

Local

キーワードを登録するとグループを登録した時のようにキーワードがリスト化されます。

登録されたキーワードの検索結果順位を見るには、ヘッダーメニューにあるCHECK RANKSをクリックして登録したキーワードの検索結果を読み込みます。

検索結果を確認するボタン

登録した初日はLOST POSITIONSは見れません。

無料でここまで提供してくれるんですか?ってくらい満足度は高い検索結果順位チェックツールです。

Macユーザーのサイト運営者、ブロガーの方は是非、一度、使ってみてください。

TechDays一押しの検索結果順位チェックツールです。

SERPOSCOPE

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事